友だちに告白したいけど、関係が壊れないか不安

人間関係

関係を壊さずに友達に恋や憧れを告白するときのステップを知りたい方今回は、ベストな方法で行うためのコツやポイントをご紹介します。

また、自分の気持ちを認めるためにやってはいけないこと、明確なコミュニケーションで期待を管理すること、告白した後の進め方などもご紹介しています。

さっそく、ベストな心の伝え方を学んでいきましょう。

本記事の内容

 
1.友達に気持ちを告白すること。長所と短所
 
2.自分の気持ちを認めること。やるべきこと、やってはいけないこと
 
3.明確なコミュニケーションで期待に応える
 
4.告白した後に進むこと。次はどうする?
 
5.心を伝える最善の方法を学ぶ
 
スポンサーリンク

1.友達に気持ちを告白すること。長所と短所

友人に告白することを決める前に、長所と短所を考えてみましょう。

一方では、自分の本当の気持ちを表現することは、信じられないほど自由なことかもしれません。

さらに、相手が受け入れてくれて、あなたの言葉を聞くのを待っていたなら、二人の関係をまったく新しいレベルの親密さにまで発展させることができます。

逆に、相手が心の準備ができていなかったり、自分の気持ちが伝わっていなかったりすると、気まずく、居心地の悪い状況になることがあります。

相手が自分の気持ちを共有しているかどうかにかかわらず、相手の境界線を意識して尊重することが大切です。

2.自分の気持ちを認めること。やるべきこと、やってはいけないこと

自分の気持ちを表現するときには、自分の言動に気を配ることが大切です。告白を考えている方に、役立つヒントをご紹介します。

正直であること:正直であることは、自分を表現する上で重要なことです。自分の気持ちや意思を正直に伝えると同時に、相手の心の余裕に配慮しましょう。

相手を尊重する。相手の反応にかかわらず、常に相手の境界線を尊重し、相手の反応をコントロールすることはできないことを忘れないようにしましょう。

相手が積極的に反応しない場合は、手を引くべき時であることを認識することが重要です。相手の意思を尊重し、相手が受け入れない場合は、無理に話を進めないようにしましょう。

一方、自分の感情を表現する際に避けるべきこともあります。

まず、相手を操作したり、ある種の感情を押し付けようとしたりしないことです。

さらに、最後通牒を使ったり、駆け引きをしたりすることは、関係を悪化させる可能性があるので避けましょう。

最後に、相手が一晩で自分の気持ちや信念を変えてくれると期待しないことです。

あなたが自分の気持ちと折り合いをつけるには時間がかかりましたが、相手も同じです。

3.明確なコミュニケーションで期待に応える

では、どうすればいいのでしょうか。

自分の感情や気持ちを明確に、そして効果的に伝えることが肝心です。

つまり、正直に告白すること、そして相手の意見を聞きながら行うことです。

また、面と向かって告白するのが怖いのであれば、ソーシャルメディアやメッセージなど、他のコミュニケーション手段を模索することもできます。

4.告白した後に進むこと。次はどうする?

自分の気持ちや感情を表現したら、次は友達の気持ちを理解することです。

主に4つの可能性があります。

第一に、あなたの友人はあなたの気持ちに応えることができ、それは最も理想的な反応でしょう。

次に、相手が圧倒されすぎて、感情を理解し処理する時間が必要な場合です。

このような場合は、必要な時間を与え、相手の意思を尊重するのが一番です。

第三に、あなたの友人が同じように感じず、あなたの感情を拒否する可能性があります。

最後に、あなたの友人が自分の本当の意見を言うことに不安を感じ、見せかけの言葉や空虚な言葉で返してくるかもしれません。

5.心を伝える最善の方法を学ぶ

告白するときは、相手を気遣い、尊重する気持ちが必要です。

そのためには、相手に質問をして、理解を深めることが大切です。

そうすれば、自分の感情を効果的に伝えることができるようになります。また、会話はできるだけ軽やかに、心地よく行いましょう。


また、極端な反応や発言は避けるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました