【恋愛】告白したけど、「考えさせて」と言われて保留された。ものすごく不安

人間関係

告白することは決して簡単なことではありません。

さらに大変なのは、告白した相手がすぐに受け入れてくれなかったり、拒絶されたりした場合です。保留にされる気持ち、不安な気持ちはよくわかります。

この記事では、保留にされることで生じる様々な思考、感情、経験、そしてその状況を管理するためにできることについて書いていきます。

それでは、さっそく本題に入りましょう。

本記事の内容

 
1.保留にされるストレス
 
2.保留にされたときの対処法
 
3.待ち時間のさまざまな感情への対処
 
4.保留にされた後、落ち着きを取り戻す
スポンサーリンク

1.保留にされるストレス

告白した後に保留にされるのは、非常にストレスの多い、不安な体験になる可能性があります。

返事を待っている間、不安や疑念が忍び寄るかもしれません。

自分の気持ちに疑問を感じたり、そもそも告白したことを二の足を踏んだりするかもしれません。

まだ返事をもらっていないのに、告白が断られたかもしれないと考えるのは、よくあることです。

さらに、振られたかもしれないと考えたことで、自信喪失に陥ったり、罪悪感に押しつぶされそうになったりすることもあるでしょう。

告白した相手が「考えさせて」と言うと、まるであなたやあなたの気持ちを問い詰めているように感じることがあります。

これは、非常に不愉快で、傷つく経験になることがあります。

2.保留にされたときの対処法

このような経験をしたのは、あなただけではないことを覚えておくことが重要です。

この状況に圧倒されそうなときは、家族や友人、専門家に相談するとよいでしょう。

誰かに話すことで、視野が広がり、自分の感情をコントロールしやすくなります。

さらに、状況のポジティブな面に焦点を当てることも有効です。

保留にされることは不快ですが、それは告白した相手があなたを尊重し、返事をする前に慎重に考えたいと思っていることを示しています。

決断するのはいつも簡単ではないことを覚えておいてください。人生の選択をするためには、勇気と自己信頼が必要なのです。

3.待ち時間のさまざまな感情への対処

告白を断られたり保留にされたりすると、さまざまな感情や精神状態に直面します。

不安、恐怖、不確実性は、待機期間中に最も一般的な感情の一部です。もし断られたらどうしよう」と最悪のケースを考えて不安になることもあるでしょう。

将来どうなるのか、愛する人が同じように思ってくれるのか、怖くなることもあるでしょう。

いつまで返事を待てばいいのか、返事をもらったらどうなるのか、不安になってしまう。

このような感情を認め、それを感じるための時間と空間を自分に与えることが重要です。

自分の感情を処理し、理解するためのスペースを自分に与えることは、この状況をうまく処理するための重要なステップです。

あなたの感情は正当なものであり、声をあげるに値するものです。

4.保留にされた後、落ち着きを取り戻す

不安や恐怖などの感情をコントロールする場合、冷静さを取り戻すために使えるテクニックがたくさんあります。最も人気のあるテクニックの1つは、日記を書くことです。

自分の考えや感情を日記に書き出すことで、時間の経過とともに自分の成長を確認することができ、自分の感情に耳を傾けてもらうことができます。

深呼吸、マインドフルネス、ヨガなどのテクニックも、不安を和らげるのに役立ちます。

認知行動療法も、不安を管理し、思考を管理するための実践的なステップを提供する素晴らしいツールです。

このような経験をしたのは自分だけではないことを忘れないようにすることが大切です。

あなたと同じ経験をした人がいるのですから、あなたを理解し支えてくれる人たちに囲まれていることが不可欠なのです。

最も重要なアドバイスは、一日一日を大切にし、自分に優しくしながら、この時期を乗り越えていくことです。

タイトルとURLをコピーしました