バレンタインデーに自信を持てるようにする5つのメイクアップのポイント

人間関係

バレンタインデーは、女性にとって最も重要な祝日の一つです。

この特別な日には、誰もがベストな状態で登場し、良い印象を与えたいと思うものです。

そのために、多くの人はメイクアップに注目します。今回は、バレンタインデーに自信を持って、魅力的に見えるように、メイクに欠かせない5つのコツを解説します。

では、女性の皆さん、メイクの世界に入りましょう。

 
1.バレンタインデーメイクのための肌の準備

 
2.リップカラーの色味を見極める

 
3.正しいアイメイクを選ぶ

 
4.肌色を引き立てるチークを選ぶ

 
5.毎日を魅力的に過ごすための最後の仕上げ
 
スポンサーリンク

1.バレンタインデーメイクのための肌の準備

メイクをする前に、肌は下準備をしておく必要があります。最も重要なステップは、きちんと洗顔し、良い角質除去剤を使って肌を清潔にすることです。

そうすることで、長い間に蓄積された汚れや脂分を取り除くことができます。

クレンジングの後、自分の肌タイプに合ったモイスチャライザーを塗るようにする。

そうすることで、化粧のノリが良くなり、カサカサした印象にならなくなる。

2.リップカラーの色味を見極める

正しいリップカラーの色合いを選ぶことは、メイクアップに欠かせない要素です。

どの色が自分に一番似合うかを決めるのは難しいですが、いくつかのコツをつかめば、自分の肌の色に一番合う色を簡単に決めることができます。

決め手となるのは、チークの色です。

明るい肌色には、淡いピンクやローズ色が最適です。

中くらいの肌色なら、明るいピンクや赤がよいでしょう。濃い肌色には、深いワインレッドや紫色が最適です。

3.正しいアイメイクを選ぶ

アイメイクは、バレンタインデーのルックの仕上げとなるものです。目元を際立たせるために、まぶたには明るめのアイシャドウを使い、目尻には濃いめのシェードを塗るのがポイントです。

アイライナーで目元を強調し、マスカラは2度塗りしてください。より華やかな印象にしたい場合は、つけまつげをつけ、さまざまな色が入ったアイシャドウパレットで色味を足すとよいでしょう。

4.肌色を引き立てるチークを選ぶ

チークに関しては、自分の肌色を引き立てるものを選ぶのがポイントです。

肌の色が明るめの人は、薄めのピーチチークを選ぶとよいでしょう。ミディアムトーンの肌なら、ロージーピンクやモーヴのチークが最適です。

暗い肌色の場合は、深みのあるバーガンディやプラムのチークが最適です。

チークのつけ方は、頬のりんごから始めて、こめかみに向かって外側になじませるのがベストです。

5.毎日を魅力的に過ごすための最後の仕上げ

最後の仕上げは、メイクをより魅力的にすることです。

そのためには、頬骨とキューピッドボウにハイライトをひと塗りするとよいでしょう。

そうすることで、さらに輝きとツヤのある表情が手に入る。

最後に、一日中メイクを持続させるために、セッティングスプレーでメイクをセットするのを忘れないでください。

まとめ

これらの 5 つの化粧のヒントを準備し、あなたの人生の特別な人とバレンタインデーを祝う間自信を感じる必要がありますすべてがあります。

大胆な色使いでも、シンプルでナチュラルなメイクでも、これらのヒントを参考にして、美しいメイクを楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました